11月20日(月) FX ドル円 為替 予報 第83号

【11月20日(月)】
(17時00分時点)

【明日のFX ドル円 為替予報】

今日の基準の為替 112.066円 より

【円安】

現在42勝41敗 勝率50.6%

はずれ。

悪い方向のシナリオがあたりましたね。

 

【今日の相場】

日経平均株価(終値)
22,261.76(-135.04)

ドル円
112.079円

豪ドル円
84.817円


1291.35ドル

ビットコイン円
895,044円

【相場概況】

本日のドル円の為替相場は、

大きく円高方向に動きました。

現状はいったんストップしている状況です。

・テクニカル分析をすると、

112円50線という心理的節目をするっと下抜けしました。

その勢いで、いったん111円台にも突入し、

現在は112円ちょうど付近でどうにか粘っているような状況です。

先週末お伝えした、悪い方のシナリオ通りの動きをしています。

現在、日足チャートにおいては、雲の上限付近で持ちこたえています。

もう少し下には、200日移動平均線があります。

111円80銭付近ですね。

これを割り込むと結構しんどいと思います。

4時間足、日足共に下げトレンドに入っていますが、

ストキャスティクスもかなり低い位置まできました。

ここらでゴールデンクロスをして、少し持ち直すのではないでしょうか。

・ファンダメンタルズ分析で見ると、

まず一つは、トランプ大統領のロシアゲート問題の再燃。

そして、米税制改革が下院の可決を得られたものの、上院の可決は難航しそうという点。

もう一つは、北朝鮮問題。

 

これらが相まって現在の円高にあると言えます。

北朝鮮問題に関しては、今日にもアメリカが「テロ支援国家」に再指定すると、

みられています。

そうなれば、また少しの円高も予想されますが、

12月のアメリカの利上げは、確実視されており、

112円を割り込んだ動きを続けるというのは考えにくい状況です。

短期的には、上記3つを理由に円高が進むことも考えられますが、

その進捗次第で、徐々に円安に向かうとみます。

今週は、イエレン議長の会見などが予定されており、

それらをきっかけに動くと思います。

本日は、おおきなイベントもないため、方向感はつきにくい展開となりそうです。

※上記はあくまで、客観的情報の紹介、提供を目的としております。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容、今後の動向を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。

コメントを残す