11月27日(月) FX ドル円 為替 予報 第86号

【11月27日(月)】
(17時00分時点)

 

【明日のFX ドル円 為替予報】

今日の基準の為替 111.370円 より

【円安】

現在 43勝43敗 勝率50.00%

 

【今日の相場】

日経平均株価(終値)
22,495.99(-54.86)

ドル円
111.370円

豪ドル円
84.779円


1290.85ドル

ビットコイン円
1,086,864円

 

 

【相場概況】

本日のドル円の為替相場は、

朝方、日経平均の上昇をみて、円安が進みましたが、

一転下落すると、為替も円安になる前の水準付近までもどしました。

 

・テクニカル分析をすると、

日足チャートにおいて、200日移動平均線を割り込んでいます。

非常におおきなサポートの200日移動平均線でも、支えきれなかったようなかたちです。

次の下方向の支えとしては、雲の加減ですね。

これが、110円30銭くらいのところです。

 

ただ、再度、心理的節目である111円00銭を下回ることは考えにくいと思います。

今日明日あたりに、200日移動平均線を上抜こうとするうごきになるのではないでしょうか。

現在200日移動平均線は、111円70銭付近です。

本日も一度そのあたりまで挑戦しに行きましたが、見事に跳ね返されました。

何度かそれを繰り返し上抜けして行くと予想します。

 

・ファンダメンタルズ分析で見ると、

今週はアメリカの注目度の高いイベントがいくつかあります。

ちなみに先週末からのブラックフライデーの小売売上高は、前年比でみて、過去最高を記録しました。

それを好感して、ドルが買われる流れとなると思いますが、

28日に時期FRB議長の公聴会が控えており、

慎重な動きとなりそうです。

その公聴会においては、

利上げに対しての考え方をうかがう形となるでしょう。

利上げペースが鈍化すると見とおされると、

110円前後までの円高が想定されます。

 

それを越えると、

12月8日に発表の米失業率

 

その後いよいよ本番の

12月13日 米政策金利発表です。

 

ここからは、そこのみを睨みながら、ピリピリと、神経質な展開になると思います。

 

あまり積極的に動くタイミングではないでしょう。

 

みなさん気をつけましょう。

 

基本的には長期で放置スタンスです。

 

※上記はあくまで、客観的情報の紹介、提供を目的としております。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容、今後の動向を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。

コメントを残す