12月4日(月) FX ドル円 為替 予報 第91号

【12月4日(月)】
(18時00分時点)

 

【明日のFX ドル円 為替予報】

今日の基準の為替 112.915円 より

【円安】

現在 47勝44敗 勝率51.6%

 

 

【今日の相場】

日経平均株価(終値)
22,707.16(-111.87)

 

ドル円
112.915円

 

豪ドル円
85.895円

 


1274.90ドル

 

ビットコイン円
1,297,216円

 

【相場概況】

本日のドル円の為替相場は、

113円台にのせました。

現在は、少し下回った状況です。

 

・テクニカル分析をすると、

4時間足チャートにおいて、200本移動平均線にタッチし、

一度は抜けました。

ただ、まだ完全に上抜け、上放れはしていない状況です。

前回の予想通り、何度かアタックして、その後、完全に上抜けすると見ています。

113円ちょうどあたりに200本移動平均線があるため、

心理的節目と重なり、強く抵抗にあっている状況ですね。

さらに、もう少し上には、日足の雲の上限があります。

この3つの抵抗をクリアしようと思うと、

かなりのパワーが必要です。

ただし、きっちりこれを抜けきれば、

とっても軽い値動きになるのではないでしょうか。

ひょっとしたら、このアタックも、今週末までもつれ込むかもしれません。

ただ、上昇トレンドに入っているように見受けられるので、

円安の方向だと見ています。

 

・ファンダメンタルズ分析で見ると、

先週末に、税制法案が可決されました。

それにより、力強いドル買いとなりました。

これから、上院と下院のすり合わせに入るということです。

目標である、年内の法案成立に向けて進展した。

という見方で、ドルが買われました。

 

しかし、ロシアゲート問題に関連して、その後、ドルは暴落。

じわじわと買い戻しが進みました。

そして週明けの相場は、始まりからドル高円安に推移したかたちです。

 

今週末は、全世界注目の、米雇用統計の発表があります。

また、それまでにアメリカの重要指標の発表もあり、

それらをにらみながらの展開となるのではないでしょうか。

じわじわ円安じゃないかなと見ています。

 

そこで、ひとつ重荷になってきそうなのが、

米韓の軍事演習です。

先日の北朝鮮のミサイル発射に対抗してか、

過去最大規模の軍事演習が行われています。

お互いの挑発がどこまで行くかが怖いところです。

この成行きによっては、また大きく円高にふれる可能性も残しています。

今週はより慎重に動いたほうが良いでしょう。

 

 

※上記はあくまで、客観的情報の紹介、提供を目的としております。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容、今後の動向を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。

コメントを残す