月利1%を産むということ




スポンサードリンク

世の中には、色々な投資があります。

みなさんはどういったもので投資されていますでしょうか?

代表的なもの、身近なものとしては、

・銀行の普通預金

・銀行の定期預金

・株

・投資信託

・保険

・FX

こんなところでしょうか。

それぞれに、特徴がありますね。

銀行預金であれば、

・基本的には、円ベースで元本保証。

・そのかわり現状、日本においてはほぼ金利がつかない。

株であれば、

・元本が増えたり減ったりする。

・最悪の場合ゼロになる可能性がある。

・基本的には配当がある。

・株主優待などがある。

投資信託であれば、

・元本が増えたり減ったりする。

・プロが運用してくれる。

・新興国の株や、債権、商品、不動産など、個人で投資しにくいものでも簡単に投資できる。

・分散投資が容易。

保険であれば、

・万が一の時の保障となる。

・保障を持ちながら、お金も増える。

・ものによっては、為替変動リスクがある。

・なかには掛捨てで、何も残らないものもある。

FXは、

・最悪の場合借金を背負うこともある。

・やり方によっては3秒で資金が吹っ飛ぶ可能性もある。

・少ない資金で、多くの投資ができる。

・金利収入を作れる。

とまぁこんな感じでしょうか。

当然のことながら、それぞれ、

特徴があります。

将来の目的、資金性格により、

投資するものを選定する必要があります。

その選び方については、また別の機会に語るとして、

シンプルに、儲かる、儲からないの判断をするときに、

年利換算で比べることがよくあると思います。

それがベーシックです。

しかしながら、当ブログの副題にあるように、

副業から専業へ、

を意識して、話をすると、

月利を気にしてみて下さい。

普通預金で月利を気にしたところで、1円未満がほとんどですし、

そもそも、月ベースで確定はしないですしね。

FXでいうと、月利換算が非常に大事になります。

損切りしない限りは、資金は積み上がっていきますし、

スワップポイントは、日払いですし、

これが大切です。

もし仮に、月利1%の運用ができるようになったとします。
もちろん複利です。
単利、複利は以前ふれましたので、
そちらをご参照ください。

1ヶ月後 100万円✕1.01=101万円
2ヶ月後 101万円✕1.01=102.1万円
3ヶ月後 102.1万円✕1.01=103.0301



12ヶ月後 1,126,825円

月利1%の複利は、
年利換算すると、12.6825%です。
複利恐るべし。

これを5年続けたとします

1,816,966円

となります。

1.8倍!!

10年にすると、

3,300,386円

3.3倍です!!

どうですか!?

これが月利1%の魔法です。

私の経験上、どんな経歴の方でも、
全くの素人でも、

9割以上の人は月利1%の運用はできるようになります。

中には、恐ろしくタイミングが悪いとか、
絶望的にセンスのない方もおられるので、
9割りにしました(笑)

ただ、ほぼ確実にできるようになります。

魔法使いになりましょう。

これさえできれば、あとは原資を加減すれば、ほしいだけのお金がてにはいります。

確定利回り、月利1%さえできれば、究極の自由が待っています。

コメントを残す