1月24日(水) FX ドル円 為替 予報 第123号

1月23日(火) (18時30分現在)

 

【明日のFX ドル円 為替予報】

 

今日の基準の為替 109.625円 より

【円安】

現在 62勝61敗 勝率50.41%

 

大外れですね。

一段と円高です。

 

【今日の相場】

日経平均株価(終値)
23,940.78(-183.37)

 

ドル円
109.625円

 

豪ドル円
88.296円

 


1348.15ドル

 

ビットコイン円
1,205,043円

 

【相場概況】

・テクニカル分析

110円を割る展開となっています。

2016年11月から引ける支持線も、いったん割り込んだ形です。

2017年9月15日依頼の円高です。

その日のドルの安値は109円540銭ですので、

今日の目処はそこになります。

それを下回ると、

心理的節目である、109円50銭

それより下は、109円ちょうど。

この水準を守りきれるかどうかですね。

 

週足チャートの雲の下限が、109円10銭付近にありますので、

それを割り込むと、

雲を下抜けることになります。

そこからの回復は1ヶ月以上の時間がかかってくるのではないでしょうか。

上値としては、とにかく、110円を回復できるかどうかです。

 

・ファンダメンタルズ分析

 

昨日の黒田日銀総裁の発言で、いったんは持ち直したかに見えたドル円の為替ですが、

そんなものはなかったかのように、ドル売りが進んでいます。

その一つの理由としては、トランプ大統領の、貿易黒字にこだわる姿勢があるようです。

貿易収支とは、簡単に言えば、

輸入額と輸出額どちらが多かったか。

ということです。

輸出額のほうが大きければ、黒字となります。

一会社で考えれば簡単ですね。

仕入れ額と、売上額、売上額のほうが大きければ黒字ですね。

 

トランプ大統領はここにこだわり、輸入(仕入れ)を規制すると発言。

これを嫌気して、ドル売りが進んだようです。

またこれに付随して、先程アメリカのムニューシン財務長官が、

「ドル安は貿易収支に対して、好ましい。」

と発言したことで、ドルを下押ししました。

 

今日は、ドルを積極的に買う動きはあまりないでしょう。

しかしながら、ここまで売られる理由も無いですね。

非常に神経質な展開です。

おそらく、日本時間で木曜日21時45分の、

EU政策金利発表

ここが峠になるのではないでしょうか。

目が離せません。

※上記はあくまで、客観的情報の紹介、提供を目的としております。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容、今後の動向を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。


人気ブログランキングにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 PVランキング
FXランキング

日記ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

コメントを残す