1月26日(金) FX ドル円 為替 予報 第125号

1月26日(金) (21時00分現在)

 

【明日のFX ドル円 為替予報】

 

今日の基準の為替 109.075円 より

【円安】

現在 63勝62敗 勝率50.40%

 

 

わずか1.5銭だけ円安でした。

もはや私のさじ加減です(笑)

全員正解!

【今日の相場】

日経平均株価(終値)
23,631.88(+37.61)

 

ドル円
109.075円

 

豪ドル円
88.243円

 


1354.60ドル

 

ビットコイン円
1,128,609円

 

【相場概況】

・テクニカル分析

本日は一度、109円75銭まで円安が進みました。

その後、また108円台に入りましたが、

現状はどうにか109円をキープしています。

テクニカル分析としては、昨日もお伝えした、週足チャートにおいて、

雲を割り込まないかどうかです。

現状その雲の下限は、109円10銭付近ですので、

NYの取引時間が終わるタイミングで、それを割り込まないかどうか。

ここがポイントになります。

これを割れば、下支えをしてくれる、テクニカル指標が無くなります。

そうなると戻すのに一段と時間がかかる可能性があります。

伸るか反るか。

ここに注目です。

 

現状セリング・クライマックスも観測はされていない感じがします。

注目です。

・ファンダメンタルズ分析

 

昨日は、トランプ大統領が、

「最終的には強いドルを望む」

という内容の発言をしたことで、ドル高が進みました。

ただ、その後、利益確定売りなどに押され、現在の水準です。

 

ユーロ圏の政策金利発表は、予想通りの、0.00%でした。

しかしながらその後の、ドラギ欧州中央銀行総裁の会見で、

早期に利上げを示唆するような発言もあり、

それでも、ドル安誘導をした、某アメリカの長官を避難するような発言もあり、

どっち付かずな展開となりました。

難なく乗り切ったようなかたちです。

ドラギ欧州中央銀行総裁としては、うまくコントロールしたような展開でした。

 

本日は、アメリカのGDP発表があります。

また、トランプ大統領の会見もあり、

さらに、黒田日銀総裁の会見もありますので、

 

おおきな動きになる可能性もあります。

週末ということもあるので、おおきな動きには注意したいです。

 

 

※上記はあくまで、客観的情報の紹介、提供を目的としております。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容、今後の動向を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。


人気ブログランキングにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 PVランキング
FXランキング

日記ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!

コメントを残す