2月5日(月) FX ドル円 為替 予報 第131号

 2月5日(月) (16時45分現在)

 

【明日のFX ドル円 為替予報】

 

今日の基準の為替 109.962円 より

【円安】

現在 65勝66敗 勝率49.62%

 

みなさん正解でした!

【今日の相場】

日経平均株価(終値)
22,682.08(-592.45)

 

ドル円
109.962円

 

ユーロ円

136.854円

 

豪ドル円
87.172円

 


1332.51ドル

 

ビットコイン円
867,902円

 

【相場概況】

・テクニカル分析

ひとつ、おおきな壁となっていた、109円80銭を超えました。

現状はその壁に下支えをされているような状況です。

おそらくこのままキープできるんじゃないでしょうか。

それを下抜けすると、109円前半。

109円を割る動きは今は考えにくいかと思います。

上値の目処としては、

200火移動平均線がある、110円80銭くらいかと思います。

 

・ファンダメンタルズ分析

先週末発表された雇用統計は、良い結果となりました。

それもあって、問題なく利上げをすすめるだろうという見方になっています。

金利が上昇することによって、企業の借り入れが難しくなり、成長が鈍化する。

という見られ方をした結果、株が大きく下落しました。

ー665.75ドル

リーマンショック以来、歴代6位の下げ幅だそうです。

しかしながら、冷静に見てみると、

「下落率」は-2.54%

確かに大きな下げではあるものの、よくあるレベルです。

数字のマジックですね。

騙されてはいけません。

 

その流れを受けて日経平均株価も、

-592円

と非常に大きく見えますが、

「下落率」でみると、-2.55%

これもそこまでですね。

 

おそらく、この「下落幅」ばかりを誇張した記事が踊ると思いますが。

冷ややかな目で見ておきましょう。

 

それはさておき、ここでひとつ状況がかわったなと感じるのは、

NY、日本ともに株価が普段よりも下落している状況で、

為替がそれほど円高に動かなかった。

これは大きな変化です。

 

いままでは、ちょっとリスクが高まると、円が大きく買われました。

円高になりました。

本日も少しは円高にふれましたが、相関関係は薄れているように感じます。

 

株安円高という構図が崩れ始めているようです。

これは、米長期金利の上昇が理由でしょう。

また、今後も金利が上昇する見通しであること。

これは、FXトレードにとっては良い傾向ですね。

 

しっかり力強いドル高に向かっているのではないでしょうか。

 

本日は、NYダウがもう少し下げる可能性があります。

そのタイミングで過去の傾向通り、円高が進むのか、

新しい流れで、ドルが買われるのか。

これが見どころですね。

 

経済指標としては、

ISM非製造業景況指数の発表があります。

結果次第では、少し方向感がでるかもしれません。

「潮目」を感じてください。

 

 

※上記はあくまで、客観的情報の紹介、提供を目的としております。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容、今後の動向を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。


人気ブログランキングにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 PVランキング
FXランキング

日記ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!



コメントを残す