年利212.9%の運用方法

誰でもできる高利率運用

 

前回は、私の基本的なFXに対する考え方を述べました。

 

これを使ってより有効な運用方法を紹介します。

 

基本は長期運用で、スワップポイントの獲得を狙います。

 

ですので、スワップポイントの高い通貨を保有すればいいわけです。

 

現在スワップポイントが高い代表的な通貨は、

(対円でのランキング)

 

1.トルコリラ/円        約70円/日 

2.ニュージーランドドル/円   約35円/日 

3.米ドル/円          約30円/日 

4.豪ドル/円          約25円/日 

5.英ポンド/円         約20円/日

 

と言った具合です。

アメリカが、利上げしていっているので、結構高いランクですね。

私のイメージでは南アフリカランドがかなり高かったイメージですが、

最近は、経済状況もあり、金利が下がっているようです。

 

このスワップポイントというのは、2つの通貨間の金利差分もらえます。

ですので、

どちらか一方が低い金利

もう一方が高い金利

 

である方が良いです。

 

それで行くと、現在ユーロもゼロ金利政策をとっているので、

ユーロと何処かの通貨。

というのも非常に有効です。

 

ただし、

例えばユーロ/ニュージーランドドルなんかだと、

スワップポイントは、70円/日 程度ありますが、

動きが読みにくいため、初心者の方にはおすすめできません。

 

対円であれば、ある程度読みやすくなるので、対円をおすすめします。

 

それではトルコリラ円の利回り計算をしてみましょう。

 

年間の金利収入

70円✕365日=25,550円

 

トルコリラを1万通貨持つとすると、

 

30円✕10,000円=300,000円

 

利回りは、

 

25,550円÷300,000円=8.5%

 

年利8.5%です。

すごいですね。

 

 

証拠金ベースで計算した場合

トルコリラ円1万通貨の必要証拠金は、

 

300,000÷25倍=12,000円

 

利回りは、

 

25,550円÷12,000円=212.9%

 

212.9%

見たことありますか?

意味わからないですね。

 

でも、これが実際に獲得できるわけです。

 

これはやるっきゃ無いですね。

 

しかしながら、注意が必要です。

 

トルコという国は、現在経済的にはまだまだ発展途上の国です。

 

それが故に小さな原因で、為替が大きく動くことがよくあります。

 

乱高下します。

 

ですので証拠金維持率などをしっかり気にしておかなければ、

 

ある日突然資金が吹っ飛んだりします。

 

資金管理だけはきっちりしましょう。

 

証拠金維持率もしっかり余裕を持たせておく。

 

いくら動いたら、吹っ飛ぶのかをまず計算する。

 

それが許容範囲ならGOです!

コメントを残す